メインイメージ

ハローワークを利用

ハローワークを利用した飲食店の転職の方法

中華料理店、イタリア料理店、居酒屋、カフェなどの飲食店での仕事と言うのは、調理以外にも接客サービスなどが有るため、調理経験が無い、調理師などの資格を持たない人でも、転職先として考える事が出来ます。
また、調理師などの資格を持っていて、調理経験を持つ人で有れば調理場での仕事が出来ますし、他の分野で接客マナーなどの経験を持つ人であれば、接客サービスの仕事の戦力として採用される可能性が高くなるなど、飲食店への転職を希望される人も少なく有りません。

飲食店への転職を考えた場合、どのような方法でお店を探せば良いのでしょうか。
求人情報誌やタウン誌の中に在る求人欄を利用して転職先を探す方法もあれば、インターネットの中に在る転職サイトを利用する方法も有ります。
また、転職サイトには幾つかのサイトがあり、サイト毎に求人を出しているお店が多数在るため、サイトを利用する場合は複数のサイトに登録をしておけば希望の待遇を持つお店を探す事も可能になります。

インターネットの中にはもう一つ求人を持つサイトがあるのですが、これは身近な場所に在るハローワークの求人サイトです。
公共職業安定所とも呼ばれている施設で、失業給付金を受給する時などに利用する施設で、この施設では失業者への仕事の紹介や職業訓練所への案内などの役割が在ります。
一般的に、ハローワークと言うと会社が倒産してしまって失業をした時や、自ら会社を辞めて失業の状態になった時、解雇などになってしまい、失業の身になった時以外は利用しないと考える人も多いのですが、会社やお店に勤めている時の転職活動を行う場合にも利用する事が出来るようになっています。

インターネットの中に在るハローワークの求人サイトは様々な分野の求人情報が公開されており、飲食店への転職を希望する場合は、希望する産業を「宿泊業、飲食サービス」を選んで、必要事項を入力して検索が出来るようになっています。
また、インターネットの場合は求職登録をしなくても誰もが自由に求人情報をチェックする事が出来ると言う特徴も有ります。

尚、ハローワークの施設の中には求人情報を閲覧することが出来る端末が設置されており、インターネットで公開されている情報と比べると情報量が多くなっており、インターネットでは飲食店の詳細な住所が明記されていない場合、施設の端末で閲覧することで詳細情報が記されているなど、情報量が多くなっています。尚、ハローワークを利用して転職活動をする場合は求職登録が必要になり、登録が行われることで希望の飲食店への転職の紹介をして貰う事が出来ます。

Copyright© 2015 転職飲食店で失敗しないコツ All Rights Reserved.