メインイメージ

フリーターの転職

フリーターの転職には飲食店がおすすめ

飲食店とは、良くも悪くも「誰にもできる仕事」です。だからこそ特別な資格や学歴などがいらず、その人自身の人間性や努力、経験が生かせる反面、お客様という絶対的な評価者からその能力を見定められるという厳しさが存在します。多くの求人誌や転職サイトでコンスタントに飲食店のアルバイトや社員募集が掲載されていますが、採用前よりも採用後の目線が厳しいというのも特徴の一つです。

高校生のアルバイトから中年のパート社員まで、多くの年齢層の応募があり、採用される飲食店の転職情報。先述したように、飲食店はその会社の収入源である「お客様」と、社内でも一番近くで関わる職場です。つまり、接客者の力量が店舗の売上を左右し、会社の損益を左右するのです。フリーター期間とは様々なアルバイトの経験を持っている・持つことができる期間です。

会社の損益に関わる一番根源で活躍することは、やがて飲食業界を担う場合もそれ以外の業界に転職する場合も、かなり大きな強みとなることは間違いありません。また、飲食店はアルバイト社員として入社した場合でも、店舗責任者やエリア責任者、さらには本社勤務など、就職の未来を切り開くことも可能です。まだ正社員を目指さず夢のための活動を続けるにも正社員としての道を選ぶにも、着実に力を身に付けながら準備ができる環境と言えるでしょう。

フリーターが転職を考えたとき、面接などでのアピールポイントは前職での経験や実績です。それと同時に、仕事に費やせる時間の豊富さです。同じアルバイトであっても、学業やサークルで忙しい学生は戦力として数えづらい傾向にあります。もちろん実力やモチベーションは本人次第ですが、「土日や大型連休、年末年始に出勤できるか」という最難関課題が待ち構えているのです。

アルバイトをする学生の多くは親元を離れて暮らしており、特に年末年始などは帰省に時間を使うため、出勤は期待できないことのほうが多いでしょう。そんなときのフリーターの「土日や盆暮れ正月、出勤できます!」という気持ちのいい一言は、前職での経験と同じくらい採用者の心に響くのです。

フリーターとして活動する人の多くは目標を探している、夢を追い続けているなど、それぞれの理由があります。飲食店の接客業務や裏方業務はそれらに支障がない程度で働くことができ、目標達成のための準備期間として十分な経験を与えてくれるでしょう。目標に向けても、その業界への就職に向けても道が開ける飲食店への転職は、フリーターにおすすめな転職先のひとつです。

Copyright© 2015 転職飲食店で失敗しないコツ All Rights Reserved.