メインイメージ

面接をしてもらう

飲食店に転職をする際に面接をしてもらう

転職をする時には、いろんな段階を踏んでいくようになります。
まずは、転職先を見つける事から始まり、面接して採用してもらわなくてはなりません。
現在の仕事の引継ぎや退職時期なども合わせて進めていくようになりますので、順序良く行っていくようにしましょう。
転職先を探して面接をしてもらう時には注意点がいろいろありますので、失敗をしない様にしなくてはなりません。

まずは面接をしてもらえるように、飲食店に電話をかけてみるようにしましょう。
飲食店に電話をかける時には時間帯を気にしておかなくてはなりません。
忙しい時間帯に電話をかけてしまうと、まったく飲食店を理解していない人だと思われてしまい、その時点で印象が悪くなってしまいます。
飲食店の忙しい時間帯としては、ランチタイムの時間、ディナータイムの時間になります。

比較的ティータイムの時間帯はゆったりとしている時間帯になりますので、ティータイムの時間帯あたりを狙って電話をかけるようにしておくといいでしょう。
出来れば、15時から16時くらいが狙い目です。
この時間帯に電話をかけてみても、あまり長くコールをしない様にしましょう。
もしかするとたまたま忙しい時に重なってしまっているかもしれません。

長くコール音を慣らしても相手が出ないのであれば、早めに電話を切る事です。
面接をしてもらえることになったのであれば、大切なのは、清潔感を感じられるようにしてから行く事です。
飲食店で働くのであれば、清潔感がとても大事になります。
その常識をわかっていなければ、不採用になる可能性が出てきますので気を付けるようにしましょう。

女性であれば、髪は綺麗にまとめるようにして、爪にはネイルをせずに綺麗に短く切りそろえておくようにしましょう。
スーツにもシワが入っていれば清潔感がなくだらしなく見えてしまいますので、シワがないようにしておかなくてはなりません。
飲食店に転職をする場合には、特に学歴を重視しないというお店も多いですが、学歴がなくても清潔感は必要になります。

お客様に不快感を与えてしまうような人は採用をしてもらうことは出来ませんので、清潔感がとても大事なのです。
もちろん自然に笑顔が出せるような人がさらに好印象を持ってもらうことが出来るようになりますので、笑顔の練習も転職前にしっかりとしておきましょう。
緊張をして笑顔が引きつってしまう事がないように、普段の生活の中から笑顔の練習をするようにしておくことです。

Copyright© 2015 転職飲食店で失敗しないコツ All Rights Reserved.